上手に働くなら PR

すぐ辞めるのは待つべき|「仕事がツラい・嫌なら辞めろ」の前にするべきこと

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


「仕事がツラい、辞めたい」と感じることは、あなただけではありません。

多くの人が抱えるこの悩みに、あなたはどう向き合っていますか?

仕事のストレス、人間関係の問題、過重労働。

これらはすべて、あなたの心と体に大きな負担をかけています。

この記事では、その悩みの原因を理解し

そんな状況であれば、その仕事辞めてもいいんじゃない?

という提案をします。

しかし、何もせずにすぐに辞めるのは控えたほうがいいです。

それについても、記事の中で解説しました。

たくさんの退職者が居る職場で働いており、退職や休職等に関する本・書籍を読み漁った私が端的に解説しました。

きっと皆様の参考になると、願っています。

リョー

・上場企業会社員(営業)

・大学院卒、副業でブログとサッカースクールを運営

・バイトリーダーとして新規バイト採用係として面接官経験あり

・本業の会社でもリクルーターとして就活生の面接を担当

・1人が好き

・趣味はランニング、サウナ、映画、読書

この記事では、会社を辞めることができない方をサポートする、退職代行Jobsが提供するサービスの案内のリンクを貼っています。

退職代行はお金が高く相談したら後戻り出来ず自分の思い通りの時期に退職できない、といった問題があり使いにくい制度と考えがちですが

かなり使いやすいです。

気になる方は下記ボタンから覗いてみてください。
記事の途中にもリンクを張っておきます。

業界No.1の退職代行サービスの案内

なぜ仕事がツラいのか・辞めたいのかを明確にする

「仕事がツラい」「仕事を辞めたい」という気持ちはどこから来るのでしょうか。

どんな時に感じるのでしょうか。

誰に感じるのでしょうか。

仕事のストレスの原因は何から来るものなのか

ツラいと感じること以前に、人にはどんなストレスが、仕事によって生じているのか考えてみましょう。

とはいえ、仕事におけるストレスの原因は多岐にわたりますが、ほとんどの場合下記2つが元凶となっていると思います。

・個人の能力と仕事の要求との間にあるギャップ

職場の環境やチーム内のコミュニケーション不足

特に、個人の能力と仕事の要求との間にギャップがある場合、ストレスは高まります。

自分が出来る仕事の能力以上の仕事量や、責任がある仕事を要求されると大変な思いをしますよね。

また、基本的に人は孤独から逃げたいという習性があるらしいので、職場の環境やチーム内のコミュニケーション不足も、ストレスの一因となることがあります。

コミュニケーション不足が、少しの不安な気持ちを増幅させたり、色々なことを不安に感じるようになったりする原因となるのです。

大体はこの2つの問題がストレスの元凶となっている事が多いです。

仕事のどんな部分にツラいと感じるのか

ストレスは皆一様にあるのが【仕事】というものですが、仕事においてツラいと感じる部分は人それぞれ異なります。

ですので、ストレスがかかることを考えるのではなく、自分が仕事をしていてどんな時に「ツラいな」と感じるかを考えましょう。

例えば、仕事の同僚は仕事のみの付き合いなので、コミュニケーションが無くたって平気だと言う人もいれば

仕事でのコミュニケーションがないことで孤独を感じ、ネガティブな思考になってしまう人も居ます。

つまり、たとえ同じ環境でも、人によってストレスに対して感じる感情は違うのです。

逆にストレスがある方が、俄然やる気が出てくるという人も一定数はいるでしょう。

下記の様な時ツラいと感じませんんか?下記は一例です。

・ある上司に仕事の進捗をつたえるとき

・ある先輩から電話がかかってきたとき

・意味のないダラダラとした長い時間の会議があるとき

・やる気のない同僚と仕事を一緒にしなければならないとき

他にも、期限内に多量の仕事をこなすプレッシャー、技術的なスキルや知識の不足、職場での人間関係の問題などが挙げられます。

また、自分の価値観やキャリア目標と仕事内容が合致していない場合も、仕事に対してネガティブな感情を抱きやすくなります。

これらの要因を特定し、解決策を見つけることが重要です。

仕事がツラい気持ちの原因はほとんど人間関係

職場で感じるツライ気持ちの元凶を考えてみると、ほとんどの場合が人間関係の悪さという問題点に辿り着きませんか?

言い方を変えると、仕事でストレスを感じる場合でも人間関係さえ良ければツライ気持ちは軽減できるのではないでしょうか。

以上のことからも、職場の人間関係は仕事の満足度に大きく影響を与える重要な要素だと言えます。

上司や同僚とのコミュニケーションがうまくいかない、いじめや嫌がらせがある、チーム内の不和など

人間関係の問題は精神的なストレスを引き起こし、ツライ気持ちを増幅させるかもしれません。

>>>【逃げても良い】仕事の人間関係がツラいときの対処方法について

精神的に疲れた|仕事辞めたいと感じるとき

いくら原因を探っても「もう仕事を辞めたい」と感じたり、

ツラい気持ちややるせない気持ちになり、それが毎日襲ってくるようなら

仕事を辞めるべきかもしれません。

そんなときに考えてみてほしいことについて解説します。

仕事と給料が見合っていない?と感じている場合

仕事の負担と給料が見合っていないと感じると、仕事への満足度は大きく低下します。

満足度が下がると、自己肯定感が下がり

なんでこんなに働いているのに、これだけの給料しか貰えないんだ

という気持ちになります。そうするとなかなか仕事の効率も上がってきません。

過度な労働に対して十分な報酬が得られない場合、従業員は不公平感を感じ、やる気を失います。

たしかに、自分から考えれば給料が少ないと感じるかもしれませんが、客観的に見たら適正な給料をもらっている場合もあります。

しかし、業界全体の給与水準を調べてみることや自分が納得する給料の会社で働くなど

給料と仕事内容のバランスを考えることは、職場での幸福感を保つために重要です。

仕事内容が自分のしたいこととマッチングしていない

「本当に自分がしたい仕事じゃないな。」と感じることも仕事を辞めたいと慢性的に感じる原因でしょう。

自分の興味や情熱が仕事内容と一致していない場合、仕事に対するモチベーションを維持することは難しくなります。

どんな仕事が自分と合っているかを考えることは大変難しく、それを実現することも転職するか起業するかなど、挑戦する必要がありますが

自分がしたい仕事ではないな、と感じているのならその仕事を辞めることを考えるべきだとも言えます。

残業時間・拘束時間が長い、休日出勤もある

長時間労働や休日出勤は、身体的および精神的な健康に悪影響を及ぼします。

過度な労働はストレスの増加、睡眠不足、家庭生活とのバランスの崩れなどを引き起こし、仕事への満足度を低下させます。

労働時間の管理と休息の確保は、健康的な職場環境を維持するために不可欠です。

下記の記事で休日出勤に関することは記事にしています。

参考にどうぞ

>>>土日仕事はツラい|土日出勤を耐える考え方

仕事を辞めたほうがいいサイン

さて、仕事がツラい原因が段々と分かってきたかと思います。

どうしても辞めるべき仕事・職場かどうか考えてみてほしいと思います。

しかし、これから解説することに当てはまるようならば

むしろ今すぐにその仕事を辞めるという判断をしてもいいでしょう。

睡眠障害やうつ症状になってしまった

睡眠障害やうつ症状は、仕事のストレスが原因で発生することがあります。

これらの症状が現れた場合、それは仕事環境があなたの健康に悪影響を及ぼしているサインかもしれません。

しかも、睡眠障害や鬱といった精神疾患は誰でもなる可能性があることに注意しなければなりません。

リョー

僕の職場の先輩はよく飲みに連れて行ってくれるし、人柄も明るく、体も大きく(笑)、職場内でもとても信頼されている人でしたが

急に仕事を多めに任される2年目になってから、うつ状態になり1年間の休職をしました。

休職をすることも1つの手ですが、僕は休職してまでその職で頑張らなくても

きっともっと前向きに(仕事が増えても鬱にならないような)仕事ができる職場があるはずと信じています。

正当に評価されていないと感じたとき

自分の努力や成果が正当に評価されていないと感じると、仕事へのモチベーションは大きく低下します。

自分がちゃんと評価されているなと判断する方法としては、上司が日常的に褒めてくれるか、フィードバックをくれているかです。

間違ってはいけないことは、自分が頑張っていると感じているからと言って全てが評価される訳ではないこと。

頑張った成果を評価されているかではなく、頑張っていることを評価してくれているか、気づいてくれているかを確認しましょう。

頑張りが足りない場合や、もう少し頑張ったら良くなるよ、など評価が今ひとつでも

頑張っている事に気づいてフィードバックしてくれているか確認しましょう。

中には、あえてそれを伝えていない上司もいます。

本当に評価がどうなっているのか気になるときは思い切って聞いてみましょう。

ツラい・辞めたいと思ったとき

元も子もない事を言いますが、仕事がツラいと感じたり、辞めたいと思ったりするのは、自分のキャリアや職場環境を見直す良い機会です。

これらの感情は、現在の仕事が自分にとって最適でない可能性を示唆するものです。

確かに、ツラい感情や辞めたいと感じることはどんな職場で合っても必ず一度はあるでしょう。

しかし、自分が本当にやめたい、ツラいと本能的に強く感じるときは仕事の辞め時かもしれません。

仕事がツラい!辞める前に考えること・やるべきこと

「よし、今の仕事をやめよう!」の前に、次の4つのことだけ考えてみてください。

もし、仕事を辞めることは決まっているけど、最初の一歩が踏み出せないというだけなら

下記の退職代行サービスに相談してみてください。

料金は後払いも可能です。

業界No.1の退職代行サービスの案内

産業医の先生に相談する

仕事のストレスや精神的な問題がある場合、産業医や医師に相談することも良いです。

専門家の助言を得ることで、自分の健康状態を正確に把握し、適切な対処法を見つけることができます。

しかも、産業医のカウンセリングの結果の一部は必ず職場の上司に連絡が行っているはずです。

つまり、産業医の先生が仲介役となって職場の環境改善を試みてくれます。

メンタルの改善だけでなく、もしかすると職場環境の改善が出来るので

必ず産業医の先生に相談しましょう。

会社を辞めた後の金銭事情について考えておく

退職を考える際には、退職後の金銭事情を十分に考慮する必要があります。

一時的に給料がなくなる場合は、失業保険を貰うなど手続きが必要です。

貯蓄の状況や生活費、再就職までの期間などを考え、経済的な安定を確保する計画を立てましょう。

退職後の生活に不安がないようにしたいですね。

会社を辞める時期を考える

会社を辞める時期は最後にもらえる賞与に関係してきます。

例えば、9月まで働けば上期分の12月の賞与をもらう事ができるなど、会社の規定によって決まっています。

貰えるものはもらっておきましょう。

また、余裕があれば自分の仕事の引き継ぎのタイミングを考慮したり、次の仕事へ転職するタイミングから逆算して会社をやめたり、状況を見て決めるといいですが

会社を辞めたいと思っているということはそういった余裕はないかもしれませんので、考えるのは金銭的な事情をメインにすれば良いです。

新しい仕事にチャレンジしたいという前向きな退社であれば、前職のやり残しをなくす!という意味で、引き継ぎなどを完璧にしたいという人もいるとは思いますけどね。

辞めた後のイメージを考えておきましょう

退職後の生活のイメージを持つことは、退職の決断をする上で非常に重要です。

新しいキャリアの道、趣味や家族との時間、またはスキルアップのための学習など、退職後に何をしたいか簡単に思い描いてみましょう。

漠然と思い描く程度でいいですよ。仕事を辞めてから気づくこともたくさんあると思います。

退職後をイメージして不安になるのではなく、退職を前向きに捉えて、良いイメージを持って仕事を辞めましょう。

まとめ|あなたの仕事の悩みを解決しましょう

仕事のストレスや人間関係の問題、精神的な疲労は、多くの人が直面する課題です。

これらの問題に対処するためには、まず原因を特定し、適切な解決策を見つけることが重要です。

また、仕事を辞める際には、金銭計画や退職のタイミングを考え、できればその後のイメージも持っておきましょうとは言いましたが

余裕がなく、悩んでいても解決しなさそうなのであれば、思い切って退職代行サービスに頼ってみてもいいと思います。

業界No.1の退職代行サービスの案内

この記事が、あなたの勇気ある一歩目のきっかけになれば嬉しいです。

ABOUT ME
リョー
ブログを書いているごく普通の会社員です。アルバイトや本業の会社でも採用や教育に関わることが多いです。厳しい社会を生き抜くHow to を発信しています。