おススメTips PR

【5G通信】mineo 5GB+povoのタッグで通信費を節約【月額1650円でデータ無制限】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

格安simを安く使いたいけど、通信速度が遅すぎるのも嫌で

通信量も少ないよりは多いほうがいい。

というわがままな思いは僕も常に抱き続けていますが、誰でも簡単に

それを実現できる組み合わせが見つかりました。

この記事では月2000円以下でネットをある程度の速さで見放題にする方法を伝授します。

その方法はmineoとpovoのデュアルSIMを利用することです。

僕も現在使用しているデュアルSIMですが、最高に快適で安いので

少し手間ですが、参考にして実践してみてください。

リョー

・上場企業会社員(営業)

・大学院卒、副業でブログとサッカースクールを運営

・バイトリーダーとして新規バイト採用係として面接官経験あり

・本業の会社でもリクルーターとして就活生の面接を担当

・1人が好き

・趣味はランニング、サウナ、映画、読書

mineo公式ページ

最近の通信費一覧【月20GB以上】

会社名月額料金データ容量
ahamo(ドコモ)2,970円20GB
povo2.0(au)2,700円(30日間)20GB
LINEMO(ソフトバンク)2,728円20GB
楽天モバイル2,178円
3278円
~20GB
20GB~(上限なし)
mineo(デュアルタイプ)2,178円20GB
IIJmio2,068円20GB
BIGLOBEモバイル5,720円20GB

2022年10月以降に発売された携帯電話はSIMフリーとなっており、簡単に乗り換えが出来る時代です。

そのため最近は、いかに安く大量の通信量が使えるコスパが良いプランは何か注目されていますよね。

そんな人気の格安SIMは20Gやそれ以上の容量だと2000円〜3000円が相場。

企業努力により十分安くなってきたけど、どうせならもう少し安く契約したいと思うのが本音です。

【5G通信対応】mineo 5GB & povoのデュアルSIM

僕は下記の通り、データ通信はmineo。音声回線はpovoというようにデュアルSIMで運用しています。

そんな僕が基本的に契約しているプランは下記。

2000円以下で、ほぼデータ無制限で使用しています。

月額1650円のプラン

mineo 5GB(データ通信のみ)1265円 パケット放題Plus 385円

povo(音声データ)月額0円 
*ただし、180日に1回のデータトッピング(330円)

なぜデータ無制限なのか

それはmineoには1.5Mbpsの中速度通信と高速データ通信モードを切り替える機能があり

高速データ通信モードをONにしていない限り、データ通信の容量を消費しないからです。

これが、「パケット放題Plus」というmineoの最強オプションです。

このオプション機能を使い倒すというのが、このデュアルSIM戦略の真骨頂となります。

さらに5G通信オプションはmineoの無料オプションですので、付けていただければ

問題なく5G通信も可能です。

データプランのコース変更は簡単に出来る

しかし現在は外出が多く、月10GBのプランを契約中です。

プランのコース変更もアプリ内で簡単にできます(下記画像赤枠内から)。

下記の画像は2月20日現在ですが、11GB(前月繰越分含む)のうち

1GBも使っていませんね。

ちなみに10GBの契約だと料金は下記のようになります。

月額1705円のプラン

mineo 10GB(データ通信のみ)1705円 パケット放題Plus 0円(385円)
*10GB以上のプラン契約なら、パケット放題Plusは無料

povo(音声データ)月額0円 
*ただし、180日に1回のデータトッピング(330円)

契約プランでも月2000円以下です。

mineoのパケット放題Plusとは

「パケット放題プラス」とは、mineoが提供するオプションサービスで、最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるサービスです。

月額料金は385円(税込)ですが、10GB以上のプランを契約している場合は無料で利用できます。

何を隠そう、このデュアルSIM戦略はこのパケット放題Plusを使い倒す(中速度通信をメインに使用する)ことで月額料金を安く、かつ快適なデータ通信をするというものです。

ただし、3日間で10GB以上のデータを使用できないなどの制約があります。

とはいえ、3日間で10GB以上使うことなんてほとんど無いと思いますが。。

詳しくはmineo公式ページを確認して下さい。

mineo公式ページ

mineo 5GBでどういう生活をしているか

一概に5GBで十分と言っても、月にどれくらい携帯を使用しているか分からないとイメージしにくいですよね。

僕の使用状況はだいたいこんな感じです。

・外出中は基本高速データ通信モードはOFF(全く問題ない)

・在宅中はWi-Fiに接続してる

・外出中に調べ物が必要なときだけ高速データ通信モードONにする

・外出用にナビが必要なときは高速データ通信モードOFFのまま使っている

この使用方法が可能な理由を下記します。

YouTubeやNetflixも問題なく見れる通信速度

1.5Mbpsの通信速度があれば、YouTubeの動画やNetflixの動画も普通に見れます。

InstagramやXの写真や動画の読み込みは多少遅いですが、全く読み込まないほどではありません。

ネットの検索も読み込みは高速通信に比べると遅いですが、普通に検索できます。

お出かけのときにナビでスマホを使うことがあると思いますが、高速データ通信モードOFFでも問題なく動作します。

mineoに初めて契約した時、1.5Mbpsのまま半年ほど契約していました。つまり、半年間1.5Mbpsで満足して使用していたということです。笑

mineoならアプリから5G高速通信に簡単に切り替えられる

mineoの強みは高速通信モードに簡単に切り替えできる事。

下記の画像の下の段の「mineoスイッチ」ポチッと押すだけで

1.5Mbpsと高速通信モードが簡単に切り替わります。

mineo の高速通信モード5GB分を使うとき

mineoの高速データ通信モード5GB分を使用するときは僕の場合下記。

・外出中に調べ物をしながら行動したいとき

・スキマ時間でカフェに入ったときに、SNSをサクサク見たいとき

・外出中にスマホから手続き等をしたいとき

基本的には高速データ通信モードOFFで運用しており、外出中だけ高速データ通信モードを使用するといった感じです。

なぜ【mineo 5GB+povo】のデュアルSIMがいいのか

それならば、mineoでデュアルタイプ(通信+音声データ)を契約してしまえば

わざわざデュアルSIMにする必要ないのでは。

と考える人がいると思いますが、その通りです。

しかしながら、mineoの1.5Mbpsと高速通信モードうまく使い倒しながら

povoの月額基本料金は0円です。

ただし、半年180日に1回のデータトッピングがなければ契約が切られます。

povo公式HP

【povo】24時間データ使い放題330円が最強

下記の写真のように、povoにはデータトッピングの種類が無数にあります。

特におすすめしたいのは、赤枠内の24時間データが使い放題になるデータトッピング。

これを使うことによって、1日中快速状態で動画を見続けたり、映画を見まくれたりすることが出来ます。

mineoのデータ通信量は消費したくないけど、動画を見たり、ゲームをしまくりたいと感じるときはもってこいのオプションです。

DAZNも1週間925円

povoを契約していると、スポーツ好きにはたまらないDAZNの1週間925円パックも付いてきます。

今週はサッカーのワールドカップのアジア最終予選があるのに、、、DAZNでしか見られない。。

僕の場合は、上記のような歯がゆいときにデータトッピングを購入して、サッカーを視聴しています。

180日に1回のデータトッピングは実質気にしなくていい

povoには半年に1回このようなデータトッピングをしなければ、契約が打ち切られるといった制約がありますが

実質気にしなくても、使用したいシーンが自ずと気ます。

むしろビール500mlを一缶分でデータが無制限に使えますので、どんどん使いたいですね。

また、乗り換えのときは必然的にpovoのデータ通信トッピングを頼ることになりますので

最初の6ヶ月は安心して使用できます。

オススメのSIM会社乗り換え方法

povoに乗り換えした後にデータトッピングを使ってmineoからのデータ通信SIMが届くまで耐え忍ぶ方法をおすすめします。

時系列に沿って下記に記載します。

MNP予約番号は取得した後という前提での解説です。

1 mineoのデータ通信SIMを契約する(SIMカード)

2 MNP予約番号を用いてpovoを契約する(e-SIM)
*上記リンクからのお申し込みで24時間データ通信無制限のトッピングが無料で付いてきます。

3 mineoのSIMカードが届くまで2日間(土日除く)かかるので、その間はpovoのデータトッピングを購入して、データ通信を行う。

4 mineoのデータ通信SIMが届き次第、データ通信モードをmineoに切り替える。

これで、データ通信はmineo、音声データはpovoというデュアルSIMの最強プランが完成します。

mineoの通信プランはAタイプ(au回線)とDタイプ(docomo回線)とSタイプ(SoftBank回線)から選べますが、どれでも結構です。

僕はDタイプを使用しています。

お手持ちのau、ドコモ、ソフトバンク端末がそのまま使えて安くなる

なお、mineoのデータ通信を出来るようにするためには、プロファイルのインストールが必要になりますので、下記ページを参考にしてください。

mineoのプロファイルダウンロード方法

まとめ

今回はおすすめの通信SIMについて解説しました。

会社員やバイトにとって月々の携帯電話料金の支払いは放ってはおけないもの。

少しでも安く、快適に携帯電話を使用したいですよね。

この記事が一人でも多くの人のお役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
リョー
ブログを書いているごく普通の会社員です。アルバイトや本業の会社でも採用や教育に関わることが多いです。厳しい社会を生き抜くHow to を発信しています。